gun03

日本では禁止されている銃の使用ですが、手順さえ踏めば誰でも所持できることは意外と知られていない事実です。その一つが猟銃の所持です。

ヨーロッパでは狩猟の文化が根強く残っているので、ハンティングと称されるように猟銃により撃ち獲った鳥類やウサギその他、獣を調理するための手段として銃が使用されます。日本での釣りのような感覚で楽しまれています。

日本でも鳥類やシカ猪などを調理目的で狩ることはありますが、趣味としての意味合いよりも、害獣駆除目的による猟銃の使用が一般的になってきています。最近では猟友会など害獣駆除をする銃の免許を持った人間も少なくなってきているために、警察の方でも免許取得に来る初心者を好意的に受け入れてくれるところも多くなっているのが現状です。

免許の申請は警察署で行えますが、運転免許と同じように専門の機関でないと受けられないので最寄りの警察署で確認します。必要な銃器所持の免許教習及び試験に合格すると様々な銃所持に関する書類を手に入れることができるので、その書類とともに銃器を扱う専門店で購入することができます。